渋谷で他人から目立ちにくい矯正治療

subpage01

渋谷の矯正歯科では、歯並びや噛み合わせの異常・不正咬合の治療をしています。

不正咬合の治療では、装置を口の中に装着するのが一般的です。


また、治療期間は年単位になることも多く、その間他人に目立ちやすい装置を着けることに抵抗を感じる方が少なくありません。
渋谷の矯正歯科では、特に成人の患者さんで接客業など仕事の上の都合があるなど、口元に目立つ金属の装置が付けられることで治療をためらっている方にもお勧めの見えない治療をしています。



そのひとつが、装置を歯の表面ではなく裏側に装着する方法です。

Girls Channelについての知識を高めてもらうためのサイトです。

装置を歯の裏側に装着する治療では、目立たないということの他にもメリットがあります。


まず、虫歯のリスクを低減できることです。

歯並びや噛み合わせの治療中は装置の関係で歯磨きがしにくいこともあって普段より虫歯のリスクが高くなってしまいますが、歯の裏側には唾液腺があって自浄作用が働くために装置が付けられていても表側に比較して虫歯のリスクが低いと言えます。また、歯の裏側に装置が連れられていることで、スポーツ中などに接触をして口の中をケガするリスクも抑えられます。


渋谷の矯正歯科では、ハーフタイプの裏側治療も行っています。



これは、お話をする時などに相手から見えやすい上の歯だけを裏側治療にして下の歯には表側に装置を着ける方法です。


渋谷の矯正歯科では、インフォームドコンセントの考え方を大切にしていて、治療をスタートする前には丁寧にカウンセリングを行い治療の選択肢について説明をしています。